本文へスキップ

耐火木造建築・地下室・住宅設計施工・店舗設計施工・リフォームのご相談はサンワホームへ

電話でのお問い合わせは045-251-1585

〒231-0033 神奈川県横浜市中区長者町5-75-1

サンワホームの家づくりへの思いdetail


サンワホームの代表・松田が「建築の世界」に初めて足を踏み入れたのは、大手ゼネコン。主にビルの建設、管理などを行っていました。しかし、ビル建設業では実際にその空間で過ごす人とのつながりがなく、建築への"やりがい"があまり感じられませんでした。住む人と一緒に語り合いながら、喜んでもらえる建物を作り上げたいという、建築に携わる人間ならではの欲求が満たされなかったのだと思います。

そんな思いを抱えていたのですが、縁あって住宅を扱う米軍基地内で将校さんの住宅会社で働くことになりました。その会社では主に横須賀や厚木などの米軍基地内にある将校の住宅建築を行っていたんです。施主がアメリカの方なので、家に対する色使い、生活をエンジョイするための家へのこだわりなど日本にはない価値観を持っておられ、建築をするうえでとても勉強になりました。

その会社がハウスメーカーのディーラーになったタイミングで建設部内責任者となり、10年間で2,000棟の家を作りました。しかし、そのなかで営業、設計、積算、建設、施工業社など各セクションで担当者が変わるシステムに大きな疑問を抱きました。お客様のご要望を正確に把握しプロとして提案できるシステムになっていませんでした。売上と練数が会社には重要であり「良い家」を作るという概念が少なく、正直ご満足いただいているお客様は少なかったと思います。

各部門で担当者が変わり、売上や棟数を追求する住宅メーカーの体制に疑問を抱き、サンワホームを設立しました。




お客様のニーズに合ったオリジナリティのある家造り

サンワホームは創立37年目を迎え、新たに思う事はやはり「家造りはお客様のニーズに合ったオリジナリティのある住空間の創造」だと思っています。
家にお客様が合わせて住むのではなく、お客様のニーズに合った住まいを提供すれば、新しい住まいに入居しても自然に溶け込んで快適な生活を営むことが出来ます。

「家造りはモノづくり」価格競争に参入するのではなく、付加価値を追求し、お客様が納得できる家、自慢できる家を造ることが技術屋である我々の仕事です。

永持する美しい家

最近、街を歩いていて「似たようなデザイン・作りの家が多いなぁ」と感じています。画一的でどのハウスメーカーも同じようなデザインであまり美しい街並みとは言えません。一概には言えませんが、恐らく販売競争・価格競争などで設備やスペックだけが重視され、大量生産で規格化されたハウスメーカーが建てた家が多くなっているためではないでしょうか。しかし、住む人が違い、ライフスタイル・価値観が違えば、一つとして同じ家にはならないはずなんです。

家造りの大切なパートナーを決める時、「会社が大きいから(大手ハウスメーカーだから)」「営業マンが真面目だから」等だけで判断してしまい、重要なところが判断できず、60〜75点くらいの家で契約してしまっている方が多いように思います。 大手ハウスメーカーをを望む人はもっともっと『施主力』をつけないと、なかなか良い家は手に入りません。

サンワホームは必要最小限の精鋭スタッフで経費を出来るだけかけず、責任者自ら設計に携わり、一棟一棟キメ細かく丁寧に家を造りあげています。創業当初から一貫して、流行にとらわれない
「長きにわたり飽きのこない美しい建物」を目指して、今日まで来ています。打合せ・シミュレーションを重ね、お客様の希望やニーズをより大きく膨らませ設計し、納得していただいたうえでご契約いただいています。

設計力に自信があります

家造りには家の構造・耐震力は当然の事ながら、細部に至る施工のキメ細かい設計力が必要不可欠です。
最近よく見かけるのは、「設計素人」という設計をよく見かけます。あまりにもレベルが低く、経験のないのがすぐ判るし、こんな家に住んだら色々と困るだろうと考えてしまうものが多く驚いています。 恐らく学校で勉強して数年しか経っていない、経験の乏しい若い方がプラン図を描いているのだと思います。怖いのは、その図面の計画中・完成した時の家を当のお客様が点数の低い住宅だと思っていないことです。

技術・経験が乏しい作り手にいくら要望を出しても、お客様が望むものは出来ません。 やはり「いい家」を手に入れるには、高い技術とセンスをもっているところでなければいけません。

高い技術力と豊富な経験でお客様のニーズをトータルにまとめあげる

サンワホームは長年経験実績を積み重ねた一級建築士が計画・打合せ・契約・着工・完成まで携わり、お客様のニーズをトータルにまとめあげ、こと細かくチェック・フォローしています。たとえ狭小地や変形地であっても、斬新なアイディア高度な技術力、そして飽くなき情熱によって、お客様のライフスタイルや価値観に合った独創的で豊かな住空間を作り上げます。

「プロが認める」高いクオリティ

大手ゼネコンの技術者(自宅建築)や同業者からも難易度の高い依頼を受けるなど「プロも認める」高いクオリティーは、一般住宅の新築・増改築・リフォームのほか、店舗設計も得意としております。
「友達や家族を連れてきたい」「大切な人と一緒にまた訪れたい」と思える店舗を作るため、知恵と経験を絞り出し、一店舗一店舗オリジナリティーのある店舗づくりのお手伝いをしております。

地下室付き住宅のパイオニア

地価の高い都市部を中心に敷地を最大限に利用しようと地下室付き住宅が注目されています。94年の建築基準法改正で、一定の条件で延べ床面積の3分の1を上限に地下室は容積率の算定から外されることになりました。
「安心・安全」が地下室のキーワード。しかし、十分な知識や技術を持っていない業者もいます。ニュースにならない事故や不具合事象も多く、訴訟問題も起きています。

サンワホームは地下室付き住宅のパイオニアとして、地下の知識を勉強し技術を学び、様々な条件下においてたくさんの地下室付き住宅を施工、地下室は気温の変化が一年を通して少なく省エネ(エコ)にもつながることを実際に経験し、地下室が日本にぴったりだと確信しました。

サンワホームは30年以上前から「鋼製パネル工法」を採用し、高い品質マネジメントシステムによって夏は涼しく冬は暖かい、防音・防湿に優れた空間を提供しています。
「鋼製パネル工法」は一般的なRC工法(鉄筋コンクリート)工法より広い居住スペースを確保できるほか、耐震・耐久性に優れ、換気・防水・結露の対策も万全です。

地下室を単なるオプションとしてではなく居住空間の一部と捉え、地下室と地上階をトータル的に設計しています。長年にわたり築き上げた信頼と施工実績がありますので、実際に作った地下室を沢山お見せ出来ます。

家造りは「お客様のため」

サンワホームは、家を「商品」ではなく、お客さんと二人三脚で作り上げる「作品」と捉え、そのお客様のニーズやライフスタイルに合わせて少しでもお客様らしさを反映させたいと考えています。地下室付き住宅にかぎらず、そういった家を建てたいという一建築家としてのこだわりですね。 お客様のご予算に合わせ、ちょっとしたアイディアの積み重ねと設計力センス「居心地の良い美しい家」を施工しています。